FC2ブログ

架空の人参

更新したりしなかったり。とりあえずチラ裏扱い。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そのイスは

おはようございますにんじんです

1日ってこんなに長いんですね・・・

自分はなにを根拠に今までのことを言ってたんでしょうかね・・・

どうしたら、許されるのでしょうか・・・

それとも許されないのでしょうか・・・

お詫びの言葉だけは言わせてほしいです

友人にかわいそうといわれました(私に対して

別に私はかわいそうだとは思いません

言ってしまった自分が悪いのだから、同情されるべきは私ではありません

今イスには1人座ってます
もうひとつあったイスには、あの人が座っているということだけ
イスとイスの間にはドアがひとつ
どんなに呼んでも、どんなにノックしても返事はありません
この鍵のかかったドアの前で、無力さを知りました
自分の罪深さを知りました
たまに聞こえてくる音だけが、まだ居るという証
そのドアが開いた時、どうなっているのでしょうか。

イスのお話っぽいものの続きですかね

そのドアは硬くて、自分から開けることはできそうにありません

たまに不安になります

そのドアが開かなかったら?開いた時にその人はもう座ってなかったら?

もともと疑い性で、少しだけですが、考えてしまいます

でも、そのたびに否定してます

信用しろと、ちゃんと自分を見つめろと

そんなこと考える前にやるべきことがあるだろうと

このままドアが開かないってことはないと思いますが

今は開かないドアで、ただ叫ぶだけです

叫ぶ言葉はセリフにしか聞こえてないのかもしれませんね

なにも伝わらない、なにも感じない言葉ばかり並べてるように聞こえるのかもしれませんね

でも、いつか届くと、いつか聞いてくれると信じて

私は叫び続けます

いきなり話は変わるのですが

バイト代もらいました

こういったうれしいことがあったときに、最初に伝えたい人がいるけど

いつしかのように、伝えることができなくて、痛みを知ります

とりあえず感謝の気持ちを込めて家族にケーキを1個ずつ買ってきました

残りは大切な人のために使いたいと思います

すごく無力ですね、私

届いているかも分からない声で叫ぶことしかできないんです

すごく無力だと思います

今なにを考えているのだろう、なにをしているのだろう

そんなこともわからないです

ぜんぜん成長できてないですね・・・

もしも私が叫ばなくなったらどうなるんでしょうか

叫ぶ言葉はむなしく響き

ただ暗闇に消えていくだけ

自分がそんな状況に飲まれてしまったとき、叫ぶのをやめてしまうのでしょうか

そのときはもうダメなんでしょうか・・・

弱い人間ですね

そして無力だ

たまに聞こえてくるドアの向こうの音

笑い声、泣き声、悩む声

私はどうしたらいいんでしょうか

できることは少ないですね

なけるくらい少ない気がします

たぶんいっぱいあるんだろうけど、自分が気づいている選択肢は少ない気がします

馬鹿ですしね

選択肢を誤るとどうなるんでしょうか

自分の道を信じて進むしかないですか

オチは特にありませんがこれで終わります

やっぱり病んでるんですかね


終わり

ついでに
ある人の言葉を思い出したんですが
「日常にある気づかないほどのことをどれだけ気づけるか、それが大切だ」
といったかんじの言葉を(結構あいまい)思い出しました
自分は気づけているのでしょうか

スポンサーサイト
  1. 2010/04/15(木) 18:42:19|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<へいへいへい | ホーム | 自業自得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kakuunoninzin.blog98.fc2.com/tb.php/274-5bc6b4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
プロフィール
HN にんじん
趣味 PC
性格 気分屋

リンクフリーなのですが一言伝えてくれると嬉しいですお

二~三言
最低にんじん
自己厨

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。